1つ目の旅

ワインは 自然

自然はワインの源です。深い根から大切な果実であるぶどうの実まで、ぶどうの木はいくつもの世紀のなかで人の手を借りながらその土地に適することができるよう、そしてすべての世界を手に入れました。

イタリアでは350以上の異なる品種が存在し、イタリアのワイン文化を築く大いなる財産を成しています。

Bonarda vino vitigno JA ワイン、ブドウ品種
Acino d'uva JA ぶどうの実
Profumo Sauvignon JA
Profumo Gewürztraminer JA
Cabernet JA
Moscato JA
Profumo Merlot JA
Pinot nero JA

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

品種情報

土着品種とはその品種が産まれた地域で普及し生産されている品種のことです。イタリアで認識され使用されているもので約350種が存在し、各々が唯一無二の特徴を持っています。各々の品種が持っている独自の特徴はその他の地域にはない大きな財産です。

いくつかの品種は様々な気候や土地でもよく育つため世界的に広がりました。原産地はあるものの今や国際品種として認識されています。

2つ目の旅

ワインは 大地

イタリアはワイン生産にとって大きな可能性を持つ土地です。ヴェネト州の平野からアドリア海に面する日当たりの良い海岸地帯、トスカーナ州の丘陵地帯から険しい渓谷のあるヴァッレ・ダオスタ州やトレンティーノ=アルト・アディジェ州、すべての州はその独自の特徴を生かしたその地域特有のワインを生産します。

Toscana 2017 Rosso vs bianco JA 赤 vs 白
Vitigni Piemonte JA 主要5品種
Vitigni Abruzzo JA
Trentino 2017 Rosso vs bianco JA トレンティーノ州の赤vs白
Produzione vino Calabria 2017 JA ワイン生産
Vitigni Sardegna JA 主要5品種
Vitigni Lazio JA 主要5品種
Vitigni Molise JA 主要5品種

州情報

623.816haの栽培面積

イタリア全土の耕作面積の5%に等しいです。一番ぶどうの栽培面積が広いのはシチリア州(2017年107.129ha)で、逆に一番狭いのはヴァッレ・アオスタ州(2017年447ha)です。

6191887,5トンのぶどう

平均で1haあたり9,9トンのぶどうの収穫量があります。一番収穫量の多いのはプーリア州(2017年1haあたり1326832トン)で、逆に一番少ないのはヴァッレ・ダオスタ州(2017年1haあたり1400トン)です。

43.829.356hℓのワイン

平均で1haあたり70hℓの生産量に等しいです。1haあたりの生産量が一番高い州はエミーリア・ロマーニャ州(2017年1haあたり109hℓ)で、逆に一番低い州はサルデーニャ州(2017年1haあたり18hℓ)です。

3つ目の旅

ワインは テクノロジー

ワインは古くからある素朴な飲み物です。ぶどうと少しの酵母、あとは数週間の辛抱です。ワイン醸造の過程は伝統的であれ最新のテクノロジーであれ、ぶどうをワインに変えることができる人の才覚が隠れています。

Forma bottiglie 1 JA ボトルの形状
Mathusalem JA
Borgognona borgognotta JA ボルゴニョーナ
Magnum JA
Composizione vino JA ワインの成分
Vino bianco JA
Spumante JA
Biologico biodinamico JA オーガニック・バイオダイナミック・ワイン

4つ目の旅

ワインは 規律

イタリアでは70%のワインがDOCGワインもしくはDOCワインに認定されており、IGTワインよりも多くを占めています。地理的表示のあるワインは3段階の分類があり、そのことによって消費者がそのワインが生産された土地や特徴を結びつけることができるようなっています。

Puglia enologica JA プッリャ州のワイン
Classificazione italia europa JA ワインの格付け
Bollicine classiche JA
Spumanti rossi JA 赤スパクリングワイン
Sciacchetrà sciac-tra JA シャッケトラ vs シャク=トラ
IGT JA
IGP JA
Alto Adriatico JA

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

ワイン情報

どのように混雑する原産地呼称の概観に向き合うべきか?2018年までに原産地呼称の総数は408あり、74のDOCGと334のDOCに分かれます。ここにあるワイン情報はみなさんのワインの旅にただ規律の主な内容を掲載してお供するだけでなく、多くの興味深い情報を見つけることができるでしょう。

DOCGマークとはDenominazione di Origine Controllata e Garantita(統制保証付原産地呼称)の略で自然・人間・歴史的要素の影響の結果、品質的な高い特徴を持ち合わせた特別価値あるワインに認められたもので、その価値は国内外レベルで名声と市場価値を獲得しています。

DOCマークとはDenominazione di Origine Controllata(統制原産地呼称)の略でDOCGマーク同様に品質的高い特徴を備えたワインに認められていますが、DOCGに比べて生産規律が緩和されており、自然・人間・歴史的要素も少ないです。

5つ目の旅

ワインは 味わい

テイスティングすることは毎回新たな世界を探検することです。グラスの外には我々が五感と記憶と共に、グラスの中には自然・伝統・技術などの無限な世界が広がっています。それは終りなき魅力的な旅になるでしょう。

Etichetta vino tavola JA
Extra dry JA
Temperatura servizio spumanti JA スパークリングワインの飲むときの適温
Temperatura servizio bianchi JA 白とロゼワインの飲むときの適温
Abboccato JA
Etichetta vino varietale JA 地理的表示なしとぶどう品種ワインのラベル
Brut JA
Rosso JP
私たちのInstagram
私たちのFacebook
Facebook Pagelike Widget
ハッピーワイン!