Alto Adige DOCTrentino-Alto Adige州のアディジェ川とイザルコ川沿いに広がっておりヴァラエティーに富んだワイン造りをしています。異なった土地と傾斜の方角は地域ごとに異なった特徴を生むための重要な要素となり、6つの地区に分けられています。

Alto Adige Val Venosta DOCはAlto Adige DOCの中で最も西部に位置し栽培面積は42haです。この呼称には常に主要品種が併記されています。

Alto Adige Meranese DOCはMerano市郊外で栽培されたSchiava種からのみ生産されおり、栽培面積は101haです。

Alto Adige Terlano DOCはTerlano種から生産される白ワインで、栽培面積は178haです。

Alto Adige Santa Maddalena DOCはボルツァーノ市北部に位置する斜面でで生産されたSchiava種から生産されており195haの栽培面積を持ちます。Santa Maddalena、Santa Giustina、Rencio、Costa、San Pietro地区で栽培されたぶどうを使用した場合はクラッシコを明記することができます。

Alto Adige Colli di Bolzano DOCはボルツァーノ市の郊外、Santa Maddalenaを囲む地域で栽培されたSchiava種を使用して生産しています。

Alto Adige Valle Isarco DOCはAlto Adige DOCの最も西部に位置します。白ワインの重要生産地です。例外はKlausner LaitacherワインでLagrein種、Pinot Nero種、Portoghese種、Schiava種から生産されています。この呼称には使用された品種もしくはぶどう畑が常に併記されています。栽培面積はAlto Adige DOCでは最大の329haあります。

私たちのInstagram
私たちのFacebook
Facebook Pagelike Widget
ハッピーワイン!