5つ目の旅

ワインは味わい

味わい体験

生きているもの、ここではワインを描写することは、いくつかの基準を踏まえて取り組めば誰にでも魅力的で理解できる経験です。

グラスの外側では主観的に得た知識をもった私たちがいます。特定の物理的特徴を感知するように、私たちの香りの記憶、ある味に対する感覚を思い出します。これらのすべての観点は私たちの過去の経験と強く結びついており、良かれ悪かれ、私たちのワインに対する描写に心地よく影響してきます。

そのグラスの内側には魅力的で多種多様な世界が広がっています。自然、伝統、醸造技術やそのほかたくさんのものが詰まっています。

テイスティングの経験はその中央に位置しています。すなわち、正しい喜びを得ること以上に、私たちと外の世界の絶え間ない比較に等しいのです。

プロセス テイスティングはまず分析する3つの領域の定義から始まります。それは私たちの五感の中でも特に強く結びついている視覚、嗅覚、味覚です。そして実際には触覚もまったくないがしろにはできないことがわかると思います。

グラスの中には主観的な知識を伴った我々が映し出されます。特定の物理的特徴を判断し、匂いの記憶を思い出し、ある味覚に対する感じ方を考えます。もし我々の感覚を少し紐ほどいていけるようならばすでに良い出発点にいると言えるでしょうが、それだけでは十分ではありません。なんとなく好きで終わらないことが大切です。

私たちの感覚を最大限広げましょう。まず視覚から嗅覚、そして味覚。そして実際には口の中に広がるワインの感触も決してなおざりにできないことがわかるでしょう。

ワインの表現

視覚

ワインの香り

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

味覚

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

ワインのラベルを読む

ラベルを読む

ワインラベルは本の表紙のように内容を表すこととお客の興味を惹き付けるための2つの目的があります。いくつかの表記は法律にとって義務付けられており、それ以外の要素は生産者の意向によってデザインや更なる情報が表記されています。

飲むときの適温

ワインの味わいを適正に楽しむためにはすべてのニュアンスを感知することのできる温度であることがとても重要です。適温であることは味わいを最大限に引き出すことができますが、そうでない場合は味わいが隠れてしまうかもしれません。

私たちのInstagram
私たちのFacebook
Facebook Pagelike Widget
ハッピーワイン!