スパークリング・ワインを醸造する方法で最も良く知られている製法の一つはクラシック方式(トラディショナル方式)と呼ばれるものです。この製法の主な特徴は流通するままの瓶内において2次発酵を行うことです。

クラシック方式で生産されてるスパークリング・ワインの主なものは北イタリアに集中しており、特にピエモンテ州、ロンバルディア州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州が恵まれています。

これらの生産に使用されている品種は国際品種として知られているピノ・ネーロ種、ピノ・ビアンコ種、ピノ・グリージョ種、ピノ・ムニエ種、シャルドネ種などでそれぞれの呼称の規律によって使用される品種や割合が決まっています。

私たちのInstagram
私たちのFacebook
Facebook Pagelike Widget
ハッピーワイン!