1つ目の旅

ワインは自然

ヒント

典型的な香り

いくつかの品種はその他の品種と識別することができる典型的な香りがそのワインからはっきりと感じられ、それらが多種多様なブーケの香りのなかに目印として構成されています。

品種

土着品種とはその品種が産まれた地域で普及し生産されている品種のことです。イタリアでは700種以上の品種が存在しますがそのなかで約350種が使用されています。各々の品種が持っている独自の特徴はその他の地域にはない大きな財産です。

国際品種とは世界中に普及し生産されている品種のことで、様々な気候や土地に適応する能力を備えています。

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

ぶどうの木

ヴィティス・ヴィニフェラ(Vitis vinifera)種はワイン用のぶどう品種の原点です。ぶどうの木を意味するViteを語源とし、蔓のある小さな低木ですべての大陸に分布しその実はワインの生産に使用されます。

ぶどうの木

ぶどうの生育サイクル

すべての植物と同様、ぶどうの木も季節の移り変わりに合わせてその成長サイクルをもっています。生物季節学と呼ばれるこの学問は農業においてとても重要です。では、その主な成長段階を見てみましょう。

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

ワインを産む大地

大地、すなわち土壌はテロワールを包括的に定義する多くの要素のうちの一つでワインの特徴付けに関与します。土壌も様々な視点から分析され、物理的、化学的、地質学的に土壌の歴史に興味深い情報を提供してくれます。

土壌を観察する際に私たちに印象付ける第一の外観は、色以外では地質のきめを構成する不活性成分の大きさです。それらの大きさは土壌の物理的、力学的特質に影響を及ぼします。例えば水分や栄養素を保持する能力、それはぶどうの木の育成に関わってきます。

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

私たちのInstagram
私たちのFacebook
Facebook Pagelike Widget
ハッピーワイン!