3つ目の旅

ワインはテクノロジー

ぶどうからワインまで

ワイン醸造法

私たちは人生の中のいつの日からかワインを少しずつ、あまりワインについて知らずに飲み始めたと思います。そしてだんだん何かに気づき始めたのではないでしょうか?香りやアロマ、そしてリラックス感など。今ではワインの歴史や土地、生産者などを知ることが喜びになっていると思います。日々その喜びが大きくなっていることと。

ワインはとても歴史の長い飲み物で、およそ6000年前まで遡ります。レシピは単純で常に変わらず同じままです。ぶどうと酵母、そして数週間の辛抱です。

醸造工程

テクニックについての話を聞いた事はありませんか?なんだか興味深そうではあるがよくわからなかった経験はありませんか?もしくは例えばロゼ・ワインを飲んでその美しさに魅せられどのようにして作られたのか疑問に思ったとこはありませんか?

例えば、ワインの化学変化やボトル詰めの以前の調整についての理解を深めようと思ったときにこれらのワインショットがワイン醸造について個別に焦点を当てて私たちの理解を助けてくれます。

ビオロジック・ワイン、ビオダイナミック・ワイン、自然派ワイン

亜硫酸

亜硫酸は疑いもなくある注目を集めます、ワインのすべてのラベルに記載されている''Contiene solfiti 亜硫酸を含む''という表記によって。それが何なのか、なんの目的で使用されているのかを理解してみましょう。

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

ボトル

サイズの問題...

ボトルのサイズは中身が美味しければ当然あまり重要ではありませんが、しかしもちろん我々の想像力やあこがれを刺激します。ワインのボトルの世界は一番流通して私たちが慣れ親しんでいるスタンダードと呼ばれるボトル以外でも興味と魅力を感じます。

または形の問題?

ボトルの形状はボトルのサイズと同じく考慮されます。ボトルのサイズは要するに容量を定めるのに対し、ボトルの形状はその中身がどのようなタイプのワインなのかと結びついています。時の流れと共に10前後の種類(そのいくつかはとても奇妙な形である)が採用されたにもかかわらず、現在の生産者は消費者の希望に沿うような、そして運搬や保存などの機能的な必要性に答えるような形状を採用する傾向にあります。

時の流れのなかで多くのボトルの形状(中にはとても特殊なものまで)が考案されてきましたが現在は数種類のものに傾いており、それらの形状は消費者の期待に応え機能性や物流、保存性にも優れたものになっています。

重要なのは気密性

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

発泡性ワイン

私はスパークリング・ワインが好きである。開栓時の音やあふれこぼれる泡のためではなく、舌の上に残る洗練されたいやらしさと優しい刺激が私を虜にするためです。

Sorry, we couldn't find any posts. Please try a different search.

高い圧力 = 大量の泡

発泡性ワインはとてもロマンティックで誘惑的であるがすべてのワインと同様に化学変化による産物で、発酵の際に生成される二酸化炭素をそのワインの中に保つように圧力をかけて実現されます。コルクが開栓された瞬間ワインは外部の気圧に導かれ二酸化炭素が液状からガスに変化し、心地よい泡となって浮かび上がっていきます。

ボトルを空けた瞬間にワインは外圧と等しくなろうとし、液体に溶けていた二酸化炭素はガスに変化し心地よい泡となって現れます。

甘さ

スパークリングワインはそれ以外のタイプのワインに対して1つ更なる基準点で特徴付けられます。それは糖分。限りなく少ない糖分のもの(Brut Nature, Dosaggio zero, Pas dosè)から50g/l以上の甘いものまで様々です。

私たちのInstagram
私たちのFacebook
Facebook Pagelike Widget
ハッピーワイン!