2017年、トスカーナ州は州内の割合で言うとイタリアでもっとも赤ワインに傾いている州と言えるでしょう。10本中8本以上(85%)はサンジョヴェーゼ種を使用したキアンテ・クラッシコからブルネッロ・ディ・モンタルチーノなど偉大なワインが詰まっています。

その他の州で赤ワインに傾いている州はバジリカータ州(82%)、カラーブリア州(72%)、モリーゼ州(70%)、ヴァッレ・ダオスタ州(69%)と続きます。

私たちのInstagram
私たちのFacebook
Facebook Pagelike Widget
ハッピーワイン!